オイリー肌とニキビの関係は?

ニキビができやすいと悩んでいる人の中にはオイリー肌の人もたくさんいると思います。オイリー肌の人はどうしても皮脂の分泌がたくさんありますので、ニキビの原因となってしまいやすいです。オイリー肌の人ができやすいニキビというのは炎症が起きた赤ニキビだと思います。

また黒いニキビもできやすいと思いますが、まず赤にきびというのは皮脂が毛穴に詰まった状態で更に新しく皮脂が分泌してしまうことによって、空気中の細菌等を拾ってしまいやすく、これが原因で炎症が起きてしまうので、赤ニキビとなってしまいます。

それから黒ニキビについてはオイリー肌の場合、皮脂分泌が多い為に毛穴が開いていることが多いですが、開いた毛穴に次々と皮脂が詰まってしまい、その皮脂が酸化してしまうことによって、黒くなってしまいます。ニキビができてしまうと、できるだけ早く治そうとするためにつぶしてしまったり、押し出してしまったりする事がありますが、そういったことをしてしまうと毛穴が傷ついてしまうので、さらに皮脂の分泌がひどくなってしまいます。

そうすると次から次にニキビができてしまうことになり、オイリー肌からニキビ肌へと変わってしまうことになります。ですからオイリー肌の人はニキビができてしまった時には絶対触らないようにすることと、毛穴を引き締めるために洗顔をこまめに行って、保湿をしてあげることが大切です。

ベタベタとするので、あまり保湿をしないというのは逆効果になってしまうので、たっぷりと保湿をしてあげるようにすると皮脂の分泌が抑えられて毛穴が小さくなっていきます。ニキビは炎症を起こしてしまうと洗顔の時もそうですが、ケアが非常に大変です。そのため洗顔がどうしても甘くなってしまいますのでニキビが増える原因となってしまいやすいです。炎症が起きているときは優しくケアすることが大切ですが、毛穴が詰まって炎症を起こすのでやはり正しい毛穴ケアで汚れをしっかり落とすことが大切になってくるでしょう。

コメントは受け付けていません。

Filed under スキンケアの情報

隔世遺伝とハゲについて

よく、糖尿病やガンは隔世遺伝すると言われますが、ハゲというのも遺伝すると言われています。
これは昔から言われていることで、特に若い人は祖父や祖母が禿げていたりすると、自分もいつかこうなるのではと不安に思っている方も多いでしょう。
隔世遺伝ハゲというのは珍しいものではなく、確かに祖父がハゲている人は自分もハゲやすい傾向にあります。
ただし、隔世遺伝というのはその症状がまるまる遺伝するということじゃなく、その体質が引き継がれるということです。

例えば肥満も隔世遺伝と言われることがありますが、これは太りやすい体質を引き継いているだけで、絶対に痩せられないということではありません。
ただ太る体質ですから、油分や糖分を摂取しすぎたり、運動をしなかったりすると、他の人よりも太ってしまうことがあります。
ですが食事内容に気をつけて、運動も適度に行っていれば極端に太ることはありませんし、ダイエットなど努力をすれば美しいプロポーションになることも可能です。
これと同じで、隔世遺伝ハゲもハゲやすい体質ではあるかもしれませんが、規則正しい生活習慣をしていたり、自分にあったヘアケアを行っていればハゲることはありません。
もちろんハゲやすい体質ですから、ストレスや食事内容、運動や睡眠など生活習慣が乱れることでハゲが引き起こされることもあるでしょう。
といっても、きちんと育毛を行ったり、生活習慣を正しくしていけばハゲの進行を止めることもできますし、育毛だって不可能ではないのです。

遺伝というと宿命のように思ってしまって、遺伝のせいでハゲているのだとしたら諦めるしかないという方もいるでしょう。
しかし、遺伝だとしても症状がそのまま引き継がれるものではないので、有効な育毛対策や生活習慣の改善を行っていくようにしましょう。
もちろん抜け毛を引き起こすあらゆる原因をしっかり把握して、これらの原因になることをしないようにすることでも、隔世遺伝によるハゲは防ぐことが出来るので諦める必要はありません。

コメントは受け付けていません。

Filed under アホな育毛情報

美容界で最も権力があるヒアルロン酸

美容界では絶大な権力を誇っているのがヒアルロン酸です。有名なあまりその内容を詳しく知る人も多いかと思います。有名な成分の中ではやや長めの単語ですが、ヒアルロン酸注入、など美容に疎い人でも一度は見聞きしていますよね。

ヒアルロン酸も人体の中に備わっている物質です。コラーゲン、エラスチンとともに働く真皮構成仲間です。ヒアルロン酸の特徴は、多くの水分を蓄えるというところにあり、保湿にも生命維持にも必要不可欠な存在力の大きい物質なのです。

美容整形でヒアルロン酸がよく使われていますが、保水力を高めて肌にハリを与えることで、若返って見せることができるわけですね。
注入後にシワが伸びて目立たなくなっているケースをよく目にすると思います。ヒアルロン酸は肌が若返って見えるだけでなく、関節や軟骨の柔軟性や眼の疲労回復など、身体機能の維持にも大きく役立っています。また、女性の場合、更年期障害や生理痛を和らげてくれる作用もあります。

女性にとっては特に美容と健康のための存在であることが分かります。コラーゲン、エラスチンと仲間ということですが、ヒアルロン酸にとってこの2つは大切で、まさに三位一体となって働くチームワークで成り立っています。

どれか一つでは美肌作りという業務はこなせません。それぞれがバランスよくそれぞれの任務を果たせるように、サプリメントなどを摂る時は分量に偏りが出ないように気をつけましょう。

人体の組織は会社組織に似ているかもしれませんね。ヒアルロン酸は化粧品でも高級成分として知られていましたが、今では石鹸やクレンジングの美容成分などにも使用されていて比較的ポピュラーになってきました。

化粧品でもサプリでも探せばすぐに見つかるようになってきましたが、セラミド配合の化粧品との相性も抜群によく、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンCが配合されているとかなりバランスが良い化粧品だと思います。

コメントは受け付けていません。

Filed under スキンケアの情報

保湿のための食生活

潤いのある身体で生活するためには、スキンケアだけではなく、身の周りを保湿できる環境に整えてみることも大切です。
ちょっとしたことでも、肌に与える影響は大きいものです。肌は、変化が現れやすい部分だと言えます。

可能な範囲で変えられるところから変えてみましょう。
まず、乾燥を招く環境の代表として、冷暖房が挙げられます。私たちは今や、これらがあるのが当たり前の生活になっていますが、乾燥肌の人が増加しているのは、冷暖房の定着化によるところも大きいと言えます。

オフィスで働く人は多いと思いますが、オフィス内で冷暖房が完備されていないということはまずないですよね。夏場は、人が密集するために設定温度は低めで、除湿状態にしていることも多いです。この除湿ですが、読んで字の如く湿度を除去する機能ですので、快適にはなりますが肌は確実に乾燥してしまいます。コンパクトな加湿器、保湿器を設置できるようであれば、オフィス内のデスクの上に設置するといいですね。

自室では、除湿モードは極力控えるようにしましょう。冬場の暖房も長時間かけていると肌が乾燥しているのがはっきりと分かると思いますので、できるだけ頼らないようにしたいですね。コタツや電気カーペットなど、暖房のようには水分を奪わないもので代用してみましょう。

それから、アロマオイルの活用がお勧めです。リラクゼーション効果だけでなく、保湿も得られるアイテムです。カモミールやローズマリーなど、香りと効能もさまざまな種類があります。アロマオイルで心身ともに潤いを与えていきましょう。化粧水や保湿剤などでの外側からの保湿も大切ですが、食生活も大きな影響を与えるということを忘れないで下さい。食事は生命維持のための代表格です。これを疎かにしてしまっては、健康な肌も身体も作ることができません。

基盤となる代表的な6つの栄養素は、たんぱく質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維となりますが、これらのバランスが取れているのが理想的な食事と言えます。

ただ、現実には、このバランスを取ることがなかなかに難しいものですよね。
何も考えずに食事をすれば、6つのうちのどれかに偏りがちになります。現代人の食生活では特に炭水化物や脂質に数値が傾きやすく、ビタミンや食物繊維が不足しがちです。

コンビニや外食に頼るとどうしてもバランスは崩れやすくなるので、バランスを整えるためには、意識しながらレシピを作ることが理想的です。作るのは面倒だという人も少なくないと思いますので、できる範囲で肌にいい成分を取り入れることを意識するだけでも違ってきます。大がかりなものを作ろうとしても挫折してしまうだけです。

肌のために取り入れたいのが、たんぱく質、ビタミンA、B群、C、E、鉄分、亜鉛、コラーゲン、食物繊維、カリウムです。

たんぱく質は皮膚の構成に必要で、ビタミンAは皮膚の健康維持、B群は新陳代謝の活性化、Cは細胞を守り、Eは細胞の老化を防ぎます。鉄分は貧血予防、亜鉛は免疫力を高め、コラーゲンは肌の弾力保持、食物繊維は腸内環境改善、カリウムはむくみ改善、といった効果があります。

コメントは受け付けていません。

Filed under スキンケアの情報

フケが多くなった人は抜け毛も増える?

頭皮は顔のお肌と同じで、ターンオーバーによって新しい肌細胞が古い角質と入れ替わることで、健康な状態を保っています。
フケの正体というのは、ターンオーバーで剥がれ落ちる古い角質なのですが、サイクルが正常であれば目に見えないぐらいの大きさなので目立つことはありません。
また、シャンプーやブラッシングの時に落ちていくので、洋服についたりすることもありません。
ただしターンオーバーのサイクルが乱れて早まってしまうと、角化していない未熟なままの肌細胞が固まって剥がれ落ちてしまいます。
逆にサイクルが遅くなると、古い角質が溜まって皮脂と混ざり合い、ベタベタとした固まりとなって剥がれ落ちます。
洋服や髪についているフケは、このようにターンオーバーが乱れることによって出来てしまうのですね。

そして、ターンオーバーが乱れているということは、頭皮環境が悪化しているということです。
角化されていない肌細胞が角質層にあれば、うるおいを保つことが出来なくて乾燥により頭皮が硬化してしまいますし、角質と皮脂で脂性になっていたら毛穴の詰まりが引き起こされます。
頭皮は髪の毛が生える土台となるものですが、そこが硬くなったり毛穴が詰まったりしていれば、健康な髪の毛が成長しなくなります。
そのため、髪の成長サイクルまで乱れてしまって、成長期の髪の毛が抜けたり、せっかく生えた髪の毛も成長状態を維持することができずに抜け落ちてしまうのです。

何日も頭を洗わなかったからフケが出る、というのであれば問題ありませんが、特に理由もないのにフケが多くなった場合は、頭皮の状態が悪化していることが考えられます。
そのままの状態にしていたら、抜け毛がどんどん進行してしまうので、フケが多くなったら早めにケアを始めましょう。
まずは頭皮を清潔にすることが大切ですが、刺激の強い洗浄成分を使っていると負担をかけてしまうので、アミノ酸系シャンプーなど頭皮に優しく汚れをしっかり落とすシャンプーを使ってケアをしてください。

コメントは受け付けていません。

Filed under アホな育毛情報

ハイドロキノンの効果や特徴は?

ハイドロキノンは肌を白くする効果があり、皮膚科での傷跡の治療などに使われる他、薬局などでも濃度の低い軟膏やクリームを医薬部外品として売っていたりします。

こういったものはシミやそばかすを治したい人や二キビ跡を治したい人など、さまざまな人に使われています。

一番良いのは美容系の皮膚科にいくことです。

病院だと濃度の濃いものを処方してもらえますし、傷口などであれば同時に適切な処置へのアドバイスなどもあります。ハイドロキノンでなかなか治らないようなものに関しては、その後レーザー治療というようなことにもなる可能性があります。

症状によって美容系の皮膚科にいくのかなども違ってきますから、カウンセリングなども受けてみて、自分にあった適切な処置をしてもらえるようなところを探すようにすると良いでしょう。美容系の皮膚科であれば化粧品もハイドロキノン入りのものや、美白化粧品などを売っていて市販のものより効果があるものも沢山ありますので、そういったものを買える皮膚科というのでも探してみるのも良いかもしれません。

ただ、ハイドロキノンの使用に関しては副作用が出る人などもいます。他の記事でもそういったことに関して詳しくご紹介していきますし、どんな効果があるのかをじっくり研究しておく必要があるでしょう。

医療薬として使われているような成分ですからしっかり知識を身につけておく必要があります。また、ハイドロキノンに依存するのではなく、どんなことで生活習慣のなかでも注意していったら良いのかをしっかり学びましょう。

ハイドロキノンは漂白系の成分なのでピンポイントにシミに使用するのが効果的です。医薬品と化粧品では配合されている濃度が違うので、しっかり治して行きたい場合には医療用のを使用しましょう。

またシミが表面にでてくるのを防いだり新たなシミを防ぐためにも保湿が大切です。

保湿することで肌の代謝を高めてシミを含む角質を落としてあげて新しい皮膚を表面に出してあげるようなケアも大切です。

コメントは受け付けていません。

Filed under スキンケアの情報

老け顔の原因は肌のたるみ?

老け顔に悩む人は意外に多くいます。
実際の年齢よりも老けて見られてうれしい人はいません。
まずは老け顔に見えてしまう原因を考えてみましょう。

老け顔の原因の一つは肌のたるみです。
肌のハリや弾力が衰えてたるみがおき、ほうれい線ができてしまうとかなりの老け顔になってしまいます。
肌のたるみはもちろん加齢によって引き起こされる事が多いですが、同じ年齢でも老け顔の人と、逆に若く見られる人がいます。
この違いは何でしょうか。

たるみの一番の原因は肌の乾燥です。
肌が乾燥する事でハリや弾力が失われてたるみができ、年齢よりも老けた印象の顔になるのです。
年齢を重ねると顔のたるみはどうしてもできてしまう、防ぎようかない、とあきらめているかもしれませんが、ケア次第で肌のたるみは改善します。
大切なのは肌をしっかりうるおしてあげる事です。
つまり、老け顔を解消するには肌の保湿が重要です。
肌がしっかりうるおっていれば、ハリや弾力が出て肌は若々しく見えますから、保湿を重視したスキンケアを心がけましょう。保湿ケアというと美容液などの保湿成分をたっぷり使うことと思っている人がいますが、一番大事なのは肌らしっかり水分を与える事です。
洗顔後はたっぷりの化粧水を肌に補ってあげる事が必要です。
水分をほとんど補わずに保湿成分を補ってもあまり意味はありません。
まずは肌の奥にまで水分を浸透させる事が大切でなのです。

水分をたっぷり補うために化粧水は1度だけではなく、2度3度と重ね付けするのがおすすめです。
化粧水をハンドプレスするように肌に馴染ませ、少し時間を置いて水分が浸透したらもう一度化粧水をハンドプレスする、というように時間をかけて化粧水をつけましょう。
肌にしっかり水分が入ったら、その後美容液や乳液などをつけます。

毎日のスキンケアのこのひと手間で肌は格段にうるおっていきますから、ぜひ試してください。
しだいに肌にハリが戻り弾力が出て肌のたるみは改善し、老け顔を解消できるようになるでしょう。

コメントは受け付けていません。

Filed under スキンケアの情報

妊娠中に出来やすいシミ対策はどうすればよい?

私が妊娠中にとても悩まされたのが、シミです。
なんだか急に老けた印象になりましたし、友達にもシミ増えたことを指摘されてしまうほどでショックでした。
私だけなのかなと思ったら、周りの子持ちの主婦友達に聞くと、増えたよと言う話を聞いて少し安心しました。

どうも、妊娠中はホルモンの影響をとても受けやすくなってしまって、できてしまうみたいですね。やはりシミ以外にも肌質などの変化があって乾燥しやすい肌になっていたのを覚えています。特に気がついたのは洗顔後にツッパりやすいと感じたことでした。今まであまり感じたことがなかっただけに少し驚きを隠せませんでした。

しかも妊娠性のホルモンが、メラノサイトの活動を刺激することで、メラニン色素が増えてしまって、妊娠中に目立ってきてしまうんですね。
そう、私は独身の頃によくボードをしていたので、元々紫外線でメラニン色素がたくさんふえていたんですよね、きっと。
それがずっと隠れていて、妊娠をきっかけに出てきたのでしょう。

だからと言ってあきらめたくはない!と思い、早速友達に指摘されてからは美白化粧品を買ってきて、即日から美白ケアを施しました。妊娠中はシミもできやすいですが、ニキビもできやすいです。特に炎症が起きているニキビのケアは低刺激のケアをしていくことが大切です。そして、外出時、もうここぞとばかりに日焼け止めを塗るように心がけました、それにプラスして、毎日ビタミンCを摂るようにして、デザートに積極的にグレープフルーツを食べたりしました。内側でもビタミンCは肌のサイクルに欠かせないので最適ですし、化粧品としての成分でもコラーゲンを新たに生成してくれるので、モリモリ肌が新しくなればシミの部分はなくなっていきます。でもそんなに簡単に消えないのがシミです。

体の外側からと内側から両方シミ対策を行っていったところ、ひどくなることもなく少しは落ち着いてきました。
出産後は不思議とシミ がおさまっていきましたから、効果があったのかなと思います。

おそらくできやすい状況にある時期ですから、私のように深刻に悩むのではなく、できることから自力で対策して行けば多少なりとも効果はあると思います。妊娠中にシミのケアで一番大切なのは、ニキビでもなんでもそうですが、ホルモンに影響を与える成分が配合されていないのを使用することが大切です。

特に日本で売られている化粧品であれば、大丈夫ですが、個人輸入など日本でも認可されていない医薬品などの成分が入った海外のコスメなど使用するのは妊娠中や産後には控えるとよいでしょう。

コメントは受け付けていません。

Filed under スキンケアの情報

洗顔後に乾燥肌だとツッパりやすい?

洗顔をした後は「早く保湿をしなければいけない!!」と焦ってしまうほど肌がつっぱりやすくなってしまいます。
特に乾燥肌の方はタオルで水分を拭きとった途端に肌がカサカサと粉をふいたような状態になってつっぱり感を伴います。
このような現象が見られる原因として考えられるのが、お肌の水分が急激に失われてしまったからなのです。

私達のお肌の中では適度な水分量を保持していることで健康状態を保っています。
潤いが維持されていなければ外からの刺激に簡単に負けてしまいトラブルが続出する状態になってしまいます。
適度な潤いがあるからこそ、バリア機能が正常に働くことができるのです。

洗顔の仕方を間違えてしまうとお肌の水分は簡単に失われてしまいます。
洗顔料の洗浄力があまりにも強すぎてしまいったことやすすぎの温度が熱すぎる、しっかり汚れを落とそうとして刺激を与えすぎてしまったことなどが原因となり、余分な皮脂だけでなく必要な皮脂も洗い流してしまったことが大きな要因となります。

特に乾燥肌の方の場合はただでさえお肌の水分量が不足しているのに、洗顔を行なうことよって更にお肌の水分量を失わせてしまうことから、つっぱり感を感じやすくなってしまいます。
空気が乾燥している季節は更に状態が悪化してしまいますので注意が必要です。洗顔後のつっぱりを感じないようにするためにはいくつかの対策を行なうことが大切です。
まずは過度に洗顔をし過ぎないようにすることです。
洗顔料は洗浄力の強すぎないものを選ぶことが大切なので、特に配合されている成分に注意して選ぶようにしてください。

石油系界面活性剤が配合されているとどうしても洗浄力が強すぎる結果になります。
どんなに保湿成分が配合されていたとしても、他に配合されている成分によっては全く無意味な場合がありますので注意してください。

洗顔時には余計な刺激を肌に与えないようによく泡立てて泡をのせる感じで洗うこと、すすぎはぬるま湯でしっかりと行なうことなどを心がけましょう。
洗顔後には保湿力の高い化粧水を使用し、乳液や保湿クリームで潤いを逃がさないようにしてください。

コメントは受け付けていません。

Filed under スキンケアの情報

びまん性の薄毛はどんな症状?

薄毛にはいろいろなタイプがあり、例えば男性型脱毛症の場合は、前頭部や後頭部が薄毛になりますが、側頭部が薄くなったり全体的に薄毛になるというように、それぞれに薄毛の症状も違います。
この薄毛のタイプの一つにあるのが、びまん性脱毛症というもので、これは女性特有の脱毛症になります。
びまん性脱毛症になると、髪の毛が全体的のボリュームが少なくなり、地肌が透けて見えたり髪自体が細くなったりという症状が起こります。
びまんとは「一面に広がる」という意味を持っているので、髪全体が薄くなる脱毛症のことをびまん性と名づけているのですね。

びまん性の薄毛が起こる原因というのは、主に生活習慣の中にあります。
近年は女性の社会進出が盛んになっているので、仕事や人間関係などでストレスが溜まっている人も増えています。
さらに結婚していたり育児中だったりすると、仕事に加えて家庭でのストレスも加わるため、女性は男性よりも大きなストレスを抱えていることが多くなっています。
ストレスが溜まると、血行不良になり髪の毛が生成が妨げられたり、ヘアサイクルが乱れて髪の成長がストップして抜け毛が起こります。
特に女性はストレスへの耐性が弱いため、びまん性の薄毛の症状を発症しやすいと言われています。

そして、もう一つ大きな影響を及ぼすのがダイエットです。
女性は比較的野菜を意識的に食べたり、栄養バランスに気を使っている人が多いのですが、その反面ダイエットとなると無理な食事制限をしてしまいがちです。
単に間食を減らしたり、食事量を制限するだけならいいのですが、食事を抜いたり単品ダイエットをしたりすると栄養が不足してしまいます。
そのため、髪の毛の成長に必要な栄養が足りなくなってしまい、結果的に頭髪全体が抜けやすくなります。

また、女性は男性よりもカットをする回数が少なく、逆に髪や頭皮にダメージを与えるパーマやカラーリングを頻繁に行います。
スタイリング剤なども毛穴を塞ぐ原因となるため、女性は頭皮や髪の健康を損なっていることが多のです。
このように、女性は髪全体にダメージを与えやすい生活習慣があるのでびまん性の薄毛になってしまうのですね。

コメントは受け付けていません。

Filed under アホな育毛情報